ゴム印の製作(レーザーサンプル)

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ ゴム印の製作

ゴム印



ゴム印の制作はレーザー彫刻機にとって、とても適した加工分野で、一般的によく使用されています。

RSD-SUNMAXシリーズをゴム印の製作に使用するメリットは以下のとおりです。

  • 型がいりません。ゴム印の製造は、大きく分けて、彫刻とプレス方式の二種類があります。
    プレス方式は、版下データから樹脂製の型を製作し、ゴム板をプレスして製造します。この場合、ある程度まとまった面積のものをまとめて製造する必要があり、一度にある程度の量をまとめて作る場合や、大量生産を行う場合に適しています。しかし、印章店の店舗などでゴム印を製作する場合は、一品物を即納することはできません。
    対して、彫刻は、一品ずつ版下データを作り、彫刻加工することにより、ゴム印を製造します。昔ながらの手作業でゴム板を彫刻する場合もありますが、現在では、ほとんどの場合、レーザー彫刻機が使用されます。彫刻の場合、その製造時間は、基本的に面積に比例するため、大量生産を行う場合はプレス式よりも生産性は落ちますが、一品物から手軽に制作可能であることから、印章店でのゴム印受注、製造、即納というサイクルには最も適した製造方法であるといえます。
    RSD-SUNMAXシリーズを印章店に導入した場合、低コストと素早い納期を実現し、顧客の要望に応えることができます。

  • 二度彫りが必要ありません。
    一般的にゴム印の印面は凸彫りですが、印面強度を上げるために「ショルダー」と呼ばれる加工が必要となります。「ショルダー」は、彫刻断面を台形にしたり、あるいは段差をつけて強度を増し、捺印したときに印面が潰れて印影が崩れるのを防止します。
    低機能なレーザー彫刻機では、加工中に自動的にレーザー出力を制御できないため、はじめに印面を作るために弱く彫り、次に印面の深さを増すために線を太らせて強く彫りショルダーを成型する二度彫りを行う必要があります。
    しかしRSD-SUNMAXシリーズは「傾斜彫刻」と呼ばれるショルダーの形成に欠かせない機能を有しているため、二度彫りの必要は無く、効率よく、自然な印面の仕上がりを実現します。

  • 彫刻後のゴム板の裁断は、レイヤー機能により、一度に行うことができます。彫刻後に決められた輪郭に従って、ゴム板を切断できます。また、単品のゴム印を制作した場合は、「自動範囲切断」機能を使用することにより、切断用の輪郭データを作成することなく、自動で矩形輪郭を切断できます。

  • 小さな文字も彫れます。
    一般的にゴム印の使用される文字サイズの最小は六号サイズ(2.5mm角程度)です。RSD-SUNMAXシリーズは、問題なく、ゴム印面を成形できます。

  • ゴム印の版下製作に使いやすいソフトウェアが付属しています
    RSD-SUNMAXシリーズには、制御用ソフトウェアLaserCutとは別に、簡易デザイン用ソフトウェアLaserMarkingSystemが付属しています。LaserMrkingSystemは、ゴム印の版下データを作成するためのあらゆる機能があり、容易に印面のレイアウトができるようになっています。
    もちろん、Adobe IllustratorやCorelDrawを使用して版下データを作成し、LaserCutにインポートすることもできます。

  • 浸透印を製造できます。
    浸透印パッドとホルダーがあれば、印章店の店舗で浸透印が製造できます。浸透印はプレス方式では製造できません、レーザー加工機が必要です。

  • 弊社では印材の販売を行っています。
    浸透印を含め、あらゆる印材に対応しています。RSD-SUNMAXシリーズを導入いただいたお客様には、ゴム印、浸透印の製造方法などの技術情報を提供いたします。印材販売につきましては、こちらを参照してください。

■ まとめ

上記内容により、RSD-SUNMAXシリーズはゴム印の製造にとても適しています。また、多くの顧客がRSD-SUNMAX-4030-25Wを使用し、ゴム印の製造を行っており、優れた実績があります。
印章店の店舗での業務だけではなく、全く別の用途でレーザー加工機をRSD-SUNMAXシリーズを導入したが、片手間でもゴム印が制作できるため、今まで印章店にゴム印を注文していた自社使用のゴム印を自分たちで製造する、という事例も複数あります。

また、オプションのマックスクリーンボーを使用すれば、ゴムの燃焼によって発生する強い異臭を完全除去しますので、事務所、デザインルームなどでも設置し、ゴム印の作成が可能です。

■ 作業事例集

ゴム印の製造に関わる作業事例集をご用意してします。
作業事例集につきましては、こちらを参照してください。

※ 作業事例集にはパスワードがかかっています。閲覧は、RSD-SUNMAXシリーズのご購入者様に限らせていただいております。

■ 技術資料

ゴム印の製造に関わる技術資料をご用意してします。
技術資料につきましては、こちらを参照してください。

※ 技術資料にはパスワードがかかっています。閲覧は、RSD-SUNMAXシリーズのご購入者様に限らせていただいております。