皮革の加工(レーザーサンプル)

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ 皮革の加工

皮革



皮革のマーキング、彫刻、カット加工はレーザー彫刻機にとって、とても適した加工分野です。マーキングは焼き印風の仕上がりとなります。マーキングの場合よりも出力を上げると彫刻ができます(厚物素材の場合)。

RSD-SUNMAXシリーズを皮革の彫刻・カット加工に使用するメリットは以下のとおりです。

  • 素材に触れずに加工を行う、非接触加工です。
    • 刃などの接触型切断ツールのような磨耗がありません。交換作業にかかる時間が必要なく、また経済的です。

    • 焼き印のように焼きゴテを型から製作する必要はありません。デザインを統一したまま、名前だけを変更する名入れサービスも容易に可能になります。

    • 接触型切断ツールのように加工箇所に圧力がかからないため、薄い素材、柔らかい素材であっても微細な加工を行うことが可能です。

  • 薄い皮革の場合、レースのような複雑な模様の切り抜きも可能です。複雑な模様の場合、切断の加工順序によって正しく模様が形成されない場合があります。基本的には、内側から外側にかけて加工を行っていく必要がありますが、RSD-SUNMAXシリーズの制御用ソフトウェアLaserCutは、自動的に内側から外側にかけて加工するように経路を計算し、加工することができます(デフォルトでは、最短経路で加工します)。また、すべての加工経路を任意の順番で行うように設定することが可能です。

  • 皮革を切断する際に、たわみによって、経路途中の始点と終点が位置が微妙にずれて、完全に切り落とせない場合があります。このような場合は、手作業によって裁断する必要が出てきます。 RSD-SUNMAXシリーズの制御用ソフトウェアLaserCutは「重なり」を設定することによって、始点と終点をわずかに重ねて、生地のたわみの影響を受けず、確実にくりぬくことができます。

  • 柔軟な配列出力機能により、素材のロスを低減し、加工時間を短縮できます。

  • 切断テーブル、ハニカムテーブルを使用すれば、テーブル自体が生地を吸引するため、素材の固定をする必要がありません。

  • RSD-SUNMAX-GS-CMOS を使用すれば、搭載したCMOSカメラによりデザインの輪郭を自動的に判別し、切り抜き加工を行います。刺繍、ワッペンなど、多色で複雑なデザインにも対応します。