画像一致切断モード

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ 画像一致切断モードとは?

RSD-SUNMAX-GS-CMOSシリーズの「画像一致切断モードについて説明します。


「画像一致切断モード」は、レーザーヘッドに装着したCMOSカメラを使用します。

画像一致切断モード
VisionLaserCutの「画像一致切断モード」画面
レーザーヘッドに装着されたカメラ
レーザーヘッドに装着されたカメラ

■ 加工内容

「画像一致切断モード」は、加工素材上に並んている図案を、各々の加工位置を定義することなく、自動的に走査・検知して、定義した形状に「切断加工」を行います。






設定により、検知精度を変更できます。
厳密な形状比較による切断や、変形・角度変化も許容する検知も設定により柔軟に対応できます。





カメラ映像はモノクロデータとして判定します。加工素材がカラーであっても検知に問題はありません。
しかし、色の差異による検知はできません。



「画像一致切断モード」は、色の差異を輪郭のエッヂとして判定します。そのため、加工素材の地の色と図案の色がよく似ている場合、感度を上げて、コントラストを強調する必要があります。この時、図案の色にバラツキがあった場合、検知精度が低下することがあります。



「カスタムパス」を定義することにより、ランダムに配置された図案を検知できます。



図案が配列状に並んでいる場合は「配列パス」を使用します。
配列パスは、「横方向の図案の数」、「縦方向の図案の数」、「横方向の図案の間隔」、「縦方向の図案の間隔」を指定し、その設定に従って、加工素材を走査します。

ランダムな配置の場合は「カスタムパス」を使用します。
カスタムパスは、あらかじめカメラ映像を確認しながら、検知の走査順序、位置を定義します。その定義に従って、加工素材を走査します。

毎回図案の位置が異なる場合は、その都度カスタムパスを設定する必要があります。
しかし、検知精度は低下しますが、カスタムパスを使用せず、配列パスのままランダム配置の図案を加工することも可能です(加工毎のカスタムパスの設定を省略できます)。

■ 加工手順

  1. 制御用ソフトウェアVisionLaserCutは、カメラの映像から、加工素材上に配置された図案のエッジを自動的に検出して、図案の形状を認識します。
  2. オペレーターは、検出した図案をもとに、どのように形状で切断加工を行うのかを決めます(一致モデルの作成)。
  3. オペレーターは、どのようなレイアウトで図案が配置されているのかを設定します(配列パス・カスタムパスの設定)。
  4. レーザー加工機は加工素材を走査し、一致モデルの検知を行います。そして切断加工を行います。